Private Eyes

アクセスカウンタ

zoom RSS V6『Can't Get Enough/ハナヒラケ』☆CD感想(5)

<<   作成日時 : 2017/03/19 17:16   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

演技に音楽に拘る、マニアック集団。。。

V6、47枚目の両A面シングル『Can't Get Enough/ハナヒラケ』。
通常盤には、両A面タイトル曲の他、2曲とインスト4曲が収録されている。
V6のシングルは、karaokeとは言わず、いつもInstrumentalという位置づけ。
ヴォーカル抜きでも、十分BGMとして通用する、音楽性の高いサウンドだ。


☆『MANIAC』

この曲もリリース前にラジオでオンエアされたらしい。
コメントは控えておくねと、V友さんに言われていた。

そのとき・・・何とも言えない、曲なのだろうと思った。

イントロの英語による挨拶は、イノッチかな?
どんな世界が繰り広げられるのかと、ワクワク☆ゾクゾク!

印象的な“スバラシ マニアック”というフレーズ。
素晴らしいとマニアック、語頭と語尾が繋がる訳でもないのに。
何故か、“スバラシ マニアック”と、ひと息に歌う。

ありそうで、ない。でも、しっくりくる。それだけで、何だか面白い。
そして、順番に一回ずつ“マニアック”の言葉が入るソロがある。

ピシッ!と決まる、森田剛のラストの囁きにグッとくる。

歌割りはテキトーだけどこんな感じ?

【全員】→Aメロ(剛→健)→Bメロ(イノ→坂本)→Cメロ(長野→准)→
サビ(全員→カミ→全員→トニ→健→剛→准→坂本→イノ)→【長野】→【准】→
Aメロ(健→准)→Bメロ(長野、フェイク:坂本→イノ)→Cメロ(剛→坂本)→
サビ(全員→トニ→全員→カミ→坂本→長野→イノ→カミ→トニ)→【坂本】→
間奏→Cメロ(イノ)→サビ(全員、フェイク:坂本)→【健】→【イノ】→【剛】

※【 】は、MANIACという単語を含むワンフレーズ

メインヴォーカルを抜いても、所々コーラスが響き、バックサウンドも秀逸。
前曲の壮大なストリングスからうって変わって、ダンサブルなテクノポップ。
派手なライティングや細かなレーザー光線で演出しながら、踊ってくれそう。

最近のシングルのカップリングは、わりと大人しいサウンドが多かったけど。
今回は、全曲細部まで拘って作り込んでいて、攻めてなぁという気がする。

マニアック気質を前面に押し出した感じ?
締めの曲としては、ノリが良くて、歌詞も楽しくて、納得な一曲。

“マニアック”って、専門性があって、根気があって、凄いと思われがちだけど。
本当は、いい意味で理解されることより、奇異な目で見られることの方が多い。

私もどちらかと言うと、マニアック気質なんで・・・。
ファンとしてと言うだけでなく、熱中したり、拘ったり、いろいろ。

なので・・・
マニアック=素晴らしい、と自信を持って大声で叫んでくれると、気持ちいい!

基本的に洋楽で、日本語詞を付けていったんだろうね。
なかなか奥深く楽しい歌詞で、個人的には歌詞が好き。

メンバー全てが演技派で、個性的な活動をしているからこそ、歌が深みを増す。
今の、デビュー22年目を迎えるV6だからこそ、意味を噛み締めて歌える楽曲。

結構、好きです♪


これら、四曲四様、どれも実は“V6らしい”曲。
多彩なジャンルを歌いこなす、V6の表現力は計り知れない。

これからの活躍も、楽しみであります。


つ・づ・く。。。

【早期購入特典あり】Can't Get Enough / ハナヒラケ(DVD付)(初回生産限定盤A)(告知兼特典ポスター付)
【早期購入特典あり】Can't Get Enough / ハナヒラケ(DVD付)(初回生産限定盤B)(告知兼特典ポスター付)
Can't Get Enough / ハナヒラケ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

V6☆CD予約受付中

V6☆CD発売中

滝沢歌舞伎2016☆DVD発売中

V6☆LIVE DVD発売中

坂本昌行のOne Dish☆発売中

V6☆DVD発売中

カミセン☆ドラマDVD発売中

V6『Can't Get Enough/ハナヒラケ』☆CD感想(5) Private Eyes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる