Private Eyes

アクセスカウンタ

zoom RSS 警視庁捜査一課9係の足跡。。。

<<   作成日時 : 2017/03/17 16:11   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

これまで歩んで来た足跡。。。

V6のシングルリリース週、ゲリィナフ祭りをするところですが・・・
Vファンの多くが今、訃報で悲しみに包まれていることと思いますので。

・・・先に書きます。。。


警視庁捜査一課9係シリーズの加納倫太郎係長、
11年の長きに渡り、イノッチと共に第一線で活躍された、

渡瀬恒彦さま、ご冥福をお祈り申し上げます。


年に一度の恒例ドラマ『警視庁捜査一課9係』。
イノッチの活躍も楽しみながら、必ずV6に主題歌仕事がある大切なドラマ。

9係にかけて9年目、節目の10年目、新たな気持ちで迎えた11年目。
そして、干支にちなんで12年一回りの年のシーズン12である2017年。
明確な日程は発表されていないが、4月からスタート!と発表されていた。

係長が・・・係長がいない・・・
殺人事件の最後に、どんでん返しで謎を解くのは必ず、加納倫太郎係長だ。
いわば、この番組の主役である。そんな係長が、もういない・・・

しかし、9係はスター俳優を取り巻く刑事モノではない。
キャスト全てが一致団結し協力し合いながら、事件を解決していく渋い作品だ。
これ程長い間、主要刑事メンバーの面子が変わらないドラマは、非常に珍しい。

だから、係長は渡瀬さん以外に考えられかった。
悲しみと共に、9係どうなっちゃうの?という不安。

“代役を立てない”

テレビ朝日のその判断が、せめてもの慰めだった。
何故なら、渡瀬さん以外の係長なんて、考えられないからだ。

降板の意志があったなら、転勤やら退職やら、役の設定はいくらでも出来た。
でも、彼にとって大切な作品で、体調をおしてでも演じ続けたかったのだろう。

本当に、素晴らしい役者さんでした。大好きでした。


一度は結婚を決めた浅輪くんと倫子ちゃんが、前回ラストで結婚しないことは最初から分かっていた。何故なら、ストーリーのプライベートパートの大きな柱が、そこでめでたしになってしまうと、話が続かなくなってしまうから。11年は十分長い春だと思うが、シリーズ的にもうちょっと引き延ばしたいところだったのだろう。それが妥当だと、あの時は思っていた。でも、今となっては、係長に、倫子ちゃんの花嫁姿を見せてあげたかったとか、勝手な感傷に浸ってしまうのである。

昨年12月、倫子ちゃん役の中越典子さんご懐妊のニュースに、9係への影響を心配した。放送時期がずれるかなと思ったけれど、例年通り4月スタートと発表された。撮影の仕方とか、脚本とか、工夫を余儀なくされるんだろうなと。それでも、臨機応変に対応して、シリーズを継続させてくれるスタッフに感謝の思いでいっぱいだった。

そして、既に撮り終えているという1・2話は、係長の台詞を浅輪くんなど他の役者さんに置き換えているという。4月からの9係は、予定通り放送すると言う。それはきっと、キャストやスタッフにとって、物理的なことだけでなく、精神的にも大変なことだろうと思う。

11年間、全シリーズ、全話、ずっと見て来たよ。
こんなにシリーズ全部を欠かさず観てきたドラマは、他にはないよ。


4月からの放送、楽しみにしています。。。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

V6☆CD予約受付中

V6☆CD発売中

滝沢歌舞伎2016☆DVD発売中

V6☆LIVE DVD発売中

坂本昌行のOne Dish☆発売中

V6☆DVD発売中

カミセン☆ドラマDVD発売中

警視庁捜査一課9係の足跡。。。 Private Eyes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる